「悪ガキ」のことを好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。なんの感情もない人も。君にとっての「職人」って、どうだろう?

雲の無い休日の午後は座ったままで

太陽が昇る海と強い風


HOME



勢いで自転車をこぐあなたと俺


各都道府県には、多くの祭りが開催されているみたいだ。
この目で確認したことはないが、とても良く知っているお祭りは、秩父夜祭りがある。
立派な彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
秩父祭り会館を見学したときに、実際の様子を写したDVDや実物大の笠鉾と屋台を見ることができた。
師走の月に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
現在進行形で見てみたい祭事の一つなのである。
秩父夜祭とは反対に、夏に行われるのは、福岡県福岡市のほうじょうやがあるが、生き物の殺生を禁止する祭事。
江戸の時には、この祭りの開催されている間は、漁業も禁止されたという。
受け継がれてきた祭事も重要だが、私は屋台も同じく好きかもしれない。

陽の見えない休日の午前は窓から
私の息子がマルモダンスをまねしている。
私は教えていないけれど、3歳だけれど頑張ってまねしている。
どこかでマルモのメロディが聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣いている。
保存した映像をつけてあげると止まることなくずーっと休むことなく見ている。
父親からみて、テレビを見続けるよりも絵本を読んだり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているほうが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも私の為でもある。

雪の降る大安の夜明けに昔を懐かしむ


今更ながら、任天堂DSに依存している。
はじめは、TOEIC対策に英語漬けやターゲットのゲームソフトを買っていたのみであった。
だけど、ヤマダ電機でソフトを選んでいたら英語関係以外も気になってしまい、いつも買ってしまう。
トモダチコレクションやマリオパーティー、逆転検事など。
変わり種で、中国語講座も売れているらしい。
例えば、待ち合わせなどの、暇な時間にも活用できそうだ。

具合悪そうに走る友人と月夜
MCで有名な人が引退みたいで、報道で大量にやっているが、ものすごくすごい!!。
次回の日本の首相がどなたになるかっていう話より報道でも番が前だったし。
どういった人が総理になろうが変わらないって考える人もとってもいますし、そんなことより有名司会者が芸能界を辞めてというのが影響がでるということですかね。

凍えそうな祝日の夜明けに料理を


セミ鳴き声もやんだ夏の夜。
少年は家の縁側に座って、西瓜を食べていた。
スイカをかじっては種を庭に向かって吐いていると、ときには種が遠くまで飛ばず、自分のお腹や胸に落ちる時もあった。
横に置いているかとり線香の香りと、扇風機を浴びる暑い夜、そして西瓜の味。
少年はそれらを堪能しつつ、明日はどんなことして遊ぼうか、と夜空を見上げた。

具合悪そうに自転車をこぐ友人と失くしたストラップ
随分久しぶりの外での仕事の当日、初めて業務で一緒に働いたAさんという年配の方は、体格のいい上司だ。
入社時に会った時以降無口で、プラーベートな会話はほとんど機会がなかった。
この前、ふとAさんの腕まくりした腕を拝見してかなりびっくりした!
大粒の天然石ブレスがいくつもつけられていたから。
気付いたら、パワーストーン大好きなんですね!と言ってしまったほど。
そしたらAさんは得意げに、いきなりやさしい顔で、種類別のストーンの由来紹介してくれた。

控え目に踊る彼とファミレス


一年の中で、雨の多い梅雨が気に入っている。
部屋は湿度が上がり出かければ濡れてしまうけれど。
理由として、小さいときに、この時期に見られる紫陽花が美しく、それ以来あじさいが咲くのを楽しみにしている。
長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧の紫陽を見ながらの逢瀬を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人の中に紛れて来日した、医師のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言ったそうだ。
雨に打たれながらひっそりと咲くあじさいを見て何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
しだいに訛ってしまいアジサイは「おたくさ」という別名を持つようになったという。

一生懸命熱弁する君と突風
過去に仲良くなったOLさんがいる。
少し変わった女性で、トークの内容がいつも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、潜水士の資格、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、書道師範免許、元スチュワーデス。
公認会計士まで持っていると聞いたような。
さすがにこれを幼馴染に話してみたところ、君の勘違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の部長と結婚し退職していった。

具合悪そうに吠える彼女と夕焼け


このところまでまるっきり存在を知らなかったが、オムツのまま水に入れるなるものがある。
都市部では、水用オムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があるとのことだ。
あきらかに、他人からしたら、もれないオムツでも大便など含んでいるオムツで入られたら、気持ち悪いだろう。
なのだけれど、親だったら、入れてあげたいという気持ちもある。
ただ、逆の立場だったらたいそう不快だ。

気どりながら話す君とオレ
なぜか仕立てるために必要な布は安い物がない。
自分の子供が幼稚園に入園するので、かばんがわりのものが入用なのだが、なんだか生地が価格が高かった。
ことのほか、アニメのキャラクターものの縫物用の布なんて、とても高かった。
キティーちゃんやアンパンマンの布が大変高かった。
園から指定された形のの布製の袋をどこかで購入するのが手っ取り早いし、安そうだけれども、しかし、地方なので、聞いてみたら、みんな、お手製だし、近隣に販売していない。




Copyright (c) 2015 太陽が昇る海と強い風 All rights reserved.

▲TOP